お葬式の種類を確認する

ここ数年の間にお葬式関連の自由度が増してきています。以前はお葬式はこうでなければいけないという固定概念が強く、そこから外れると非難されるというようなこともありました。特に年配の方は新しい文化に対して受け入れることを拒む傾向が強いので、お葬式の形式を変更することは敬遠されがちでした。

しかし最近では、従来通りのお葬式では遺族の方に余計な負担がかかってしまう事や、故人の遺志が反映しにくいという事もあり、さまざまなタイプのお葬式が執り行われるようになってきています。そのため、葬儀業者などは時代に合わせたプランニングが必要とされており、ニーズに応じた色々なプランを提示しています。喪主になる方は、そういったプランの中から最良のプランを選定するためにも、お葬式の種類について理解を深める必要があります。

多くの葬儀業者で目にするようになってきているのが家族葬です。この家族葬は、家族と故人と深い親交のあった人だけで行うお葬式で、非常に規模が小さいながら心がこもった式になるということで人気があります。更に規模が小さい密葬を選択する人もいます。密葬の場合には、来られなかった方の為に、後で本葬を行うこともあります。

形式が決まっていないお葬式を選ぶ場合には、自由葬や音楽葬などもあります。故人が音楽をたしなんでいたような場合には、希望によって従来のお葬式の形式にとらわれず、故人の好きな音楽をかける音楽葬を選択する場合もあります。自由葬などは内容がフリーになっておりますので、料金を抑えつつ、必要なことだけを行うお葬式にする事が可能です。